1. 【保存版】京都に行ったら必ず訪れたい京漬物店5選

【保存版】京都に行ったら必ず訪れたい京漬物店5選

The following two tabs change content below.
s-fleage編集部

s-fleage編集部

株式会社S-fleage編集部 私達s-fleage(エスフレイジ)は、京都でインバウンド事業および広告代理店事業を行なっております。代表の永井がマーケティング事業を通じて、京都をはじめとする日本各地での訪日観光客の集客を支援していきたいという思いで創業いたしました。こちらの観光情報では、編集部よりおすすめのスポットやお店を紹介して参ります。是非参考にしてください。

 

鴨川などの水資源が豊富な京都では、独自の魅力あふれる京野菜の栽培が盛んに行われてきました。その京野菜を利用して古くから発展してきた「京漬物」は、京都の定番のお土産として人気を誇っています。

老舗の京漬物店が軒を連ねるなか、季節に合わせて数え切れない種類の京漬物が店頭に並んでおり、どこで何を選べばいいのか悩んでしまう人も多いことでしょう。

そこでここでは、代表的な京漬物とともに、京都を訪れた際にはぜひ立ち寄りたい京漬物の名店をご紹介します。

 

 

知っておきたい京都の三大漬物とは?

1.柴漬け

 

 

柴漬けとは、赤紫蘇の葉を茄子とともに樽の中で塩漬けにし、乳酸菌の力を利用して1年間をかけて発酵させたものです。古くから盛んに赤紫蘇が栽培されてきた、京都市左京区郊外の大原の名産品として有名です。

現在は、お酢を使って作られることも多いですが、熟成に1年かかる伝統的な製法で作られた柴漬けは、「生柴漬け」と呼ばれています。

見た目は鮮やかな赤紫色で、さわやかな酸味が癖になる味です。乳酸菌による健康効果が期待される食品としても、近年改めて注目を集めています。

 

 

 

2.千枚漬け

 

京漬物といえば、真っ白な千枚漬けを真っ先に思い浮かべる人は多いことでしょう。

製造方法は、京野菜の「聖護院かぶら」を薄くスライスして塩漬けにし、水分を切ってから壬生菜と昆布と一緒に漬けます。昆布の深いうまみがよく出ていながらも、あっさりとしたさわやかな味わいが特徴です。

千枚漬けは、長期保存を目的に作られた京漬物ではなく、シャキシャキとした聖護院かぶらの歯ごたえを残した浅漬けであり、「京漬物のお刺身」とも言われています。

 

 

 

3. すぐき

 

すぐきは「酢茎」とも書かれる蕪の一種の京野菜であり、一説には桃山時代から上賀茂神社の社家で栽培が始まったとされています。京都では、「すぐき」といえば、京野菜のみならず京漬物としての「すぐき」を指していることが多いです。冬を代表する京漬物です。

すぐきは肉厚な葉も含めてまるごと、塩のみで樽の中で漬け込みます。樽の中には、長年住み着いている乳酸菌が豊富に存在し、その発酵作用により生まれる味わい深い酸味が特徴です。

余談ですが、乳酸菌の一種である「ラブレ菌」は、京都パストゥール研究所の岸田網太郎博士によって、すぐき漬けから発見されたものであることは有名です。

 

 

京都に行ったら必ず訪れたい京漬物の名店5

土井志ば漬本舗

 

もっちさん(@mocchi86)がシェアした投稿

 

明治34年(1901年)に大原で創業。100余年にわたって受け継がれてきた、乳酸菌による発酵技術によって、風味豊かに仕上がった「志ば漬」を手に入れることができます。

低塩仕込みで、合成着色料や保存料を一切使用せず、自然の素材の味を最大限に生かした製法で作られる京漬物は、土井志ば漬本舗にしか出せない味といえるでしょう。

 

大藤

Hiroshi E39さん(@hiroshi_e39)がシェアした投稿

 

慶応元年(1865年)創業、千枚漬け発祥の京漬物店として知られる老舗です。

京都御所の料理人であった初代が考案したのが千枚漬けの始まりであり、その白く美しい見た目からも、宮中で大変喜ばれたといわれています。いまや千枚漬けは全国的にもポピュラーな漬物ですが、上品かつ深い味わいは大藤にしか出せない味として愛されつづけています。

京都市内中心部、麩屋町に本店を構えているので、観光ルートに組み込んで訪れやすいお店です。

 

京都なり田

木村実さん(@mino.kimura)がシェアした投稿

 

 

文化元年(1804)年に創業し、300年以上にわたり、上賀茂の地ですぐきを作り続けてきた老舗です。「ちりめんすぐき」や、醤油で味付けした「きざみすぐき」、すぐき漬け独特の酸味が苦手な人におすすめできる、大根と合わせた「醗酵づくし」など、すぐき漬けの種類が豊富です。

 

赤尾屋

#赤尾屋 #お正月漬物 #京漬物 #すぐき

Akikoさん(@akiaki0218)がシェアした投稿 –

 

元禄12年(1699年)創業、宮内省御用達も務めた老舗中の老舗である京漬物店です。何といっても素材にこだわり、四季折々で選び抜いた野菜を使用して、数多くのオリジナル京漬物を生み出しています。

ゴボウを京白味噌と信州味噌で漬け込んだ「しゃら味」や、ほんのりとワインが香る「ワイン茄子」は、赤尾屋でしか味わえない逸品です。

 

 

打田漬物

aki.1723★さん(@aki.1723)がシェアした投稿

 

昭和15年(1940年)創業、「京の台所」として知られる錦市場に店舗を構える打田漬物は、素材にこだわり、契約農家からの仕入れを早い時期に開始した京漬物店です。

錦市場の雰囲気を楽しみながら、味見をして納得のいく一品を選ぶことができるのが特徴です。定番の京漬物はもちろんのこと、四季折々の限定品も見逃せません。

 

 

まとめ

 

京漬物は、知人にプレゼントをすると大変喜ばれるのはもちろんのこと、自分自身のためにも絶対に手に入れたい京都のお土産です。京漬物があると、毎日の食卓が豊かになり、ご飯を食べるのが一層楽しみになります。

京都を訪れた際には、ぜひ四季折々の京漬物を手に入れて季節を感じたり、お気に入りの一品を見つけたりしてはいかがでしょうか。

 

京都で忘れられない体験をするなら

当社では、舞妓お座敷体験“Enchanted Time with Maiko”を主催しています。

当イベントでは、比較的リーズナブルな  icon-external-link 料金で、料亭での舞妓お座敷体験を提供しており、
一見さんのお客様であっても舞妓さんの演舞を見ながら、本格日本料理を楽しむことができます。
また、舞妓さんとの歓談の時間や、お座敷   icon-external-link  遊びのお時間もございます。
舞妓さんと一緒に優雅で楽しい特別な時間を過ごして見ませんか?

 

 

投稿者プロフィール

s-fleage編集部
s-fleage編集部
株式会社S-fleage編集部
私達s-fleage(エスフレイジ)は、京都でインバウンド事業および広告代理店事業を行なっております。代表の永井がマーケティング事業を通じて、京都をはじめとする日本各地での訪日観光客の集客を支援していきたいという思いで創業いたしました。こちらの観光情報では、編集部よりおすすめのスポットやお店を紹介して参ります。是非参考にしてください。